三次市ジミー・カーターシビックセンター

三次市ジミー・カーターシビックセンター
緑や水辺に恵まれた施設で平和や人権について考える
三次市ジミー・カーターシビックセンター提供

第39代アメリカ合衆国大統領訪問を機に開設

広島県中西部の町の三次市甲奴町にある正願寺の梵鐘は、第二次世界大戦で軍に提供されたが兵器とはならず、現在アメリカのジョージア州アトランタ市のカーターセンターに「広島の鐘」として展示されている。これが縁となり、1990年に第39代アメリカ合衆国大統領ジミー・カーターが甲奴町を訪問した。シビックセンターは大統領の訪問を契機にオープンし、405名収容のピースベルホール、会議室、創作室をはじめ、プラネタリウム館や三次市図書館も併設する平和・人権・生涯学習の拠点となっている。建物は自然豊かな「いこいの森弘法山」の中にあり、近くにはカーター記念野球場やキャンプ場、こども天文台なども点在する。

三次市ジミー・カーターシビックセンター スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 三次市ジミー・カーターシビックセンター
定休日 月曜
営業時間 9:00~18:00
料金 平和学習センターと三次市甲奴図書館は無料。ホール、研修室、会議室等は利用料が必要。プラネタリウム館のみ高校生以上550円、中学生330円、小学生220円、小学生未満は無料
おむつ交換室
お弁当の持込 ◯ エントランスのみ(ロビー)、ただし事務局の許可により部屋の使用もあり
再入場
コインロッカー

アクセス情報

住所 広島県三次市甲奴町本郷10940番地MAP
交通アクセス 【電車】JR福塩線甲奴駅から徒歩約15分 【車】中国自動車道三次ICから約40分。山陽自動車道三原久井ICから約60分。尾道自動車道甲奴ICから約8分
駐車場 〇 138台 無料
お問い合わせ1 0847-67-3535
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報