青森県近代文学館

青森を代表する13人の作家の文学資料を中心に展示

青森県近代文学館
青森県立図書館の2Fに開設している
青森県近代文学館
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

明治以降の日本文学に大きな影響を与えた、青森縁の作家たちの作品と生涯を紹介する文学館。青森を代表する13人の作家である、佐藤紅緑、秋田雨雀、葛西善蔵、福士幸次郎、石坂洋次郎、北村小松、北畠八穂、高木恭造、太宰治、今官一、三浦哲郎、長部日出雄、寺山修司を中心に展示している。図書や雑誌に加え、作家の自筆原稿、ノート、日記、書簡、遺品など約13万点の収蔵資料の一部を公開。また、年に数回テーマにあわせた企画展を実施し、常設展示されない収蔵資料を一般公開している。

  • 今日 26℃15℃
  • 明日 23℃15℃

青森県近代文学館 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 第4木曜日
営業時間 9:00~17:00 特別展開催中は~18:00
料金 入館料 無料

アクセス情報

住所 青森県青森市荒川字藤戸119-7 青森県立図書館 2FMAP
交通アクセス 【電車】JR青森駅から青森市営バス青森朝日放送行きに乗り社会教育センター前下車 【車】東北自動車道青森中央ICから約5分
駐車場 〇 188台 無料
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
お弁当の持込 ◯ 休憩室以外での飲食は不可
再入場
コインロッカー
お問い合わせ1 017-739-2575
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報