走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代 菊池寛実記念 智美術館

このページをスマホで見る

営業期間:前期2024年4月20日(土)〜6月23日(日)、後期7月5日(金)〜9月1日(日)

休み:月曜。ただし祝日の場合は開館し翌日休館。5月27日(月)〜30日(木)、7月29日(月)〜8月1日(木)は展示替えのため休館

東京都港区
走泥社再考 前衛陶芸が生まれた時代

菊池寛実記念 智美術館

八木一夫「白い箱OPENOPEN」1971年
京都国立近代美術館蔵 画像提供:菊池寛実記念 智美術館

作品を通して走泥社の活動を紹介

前衛陶芸家集団として戦後日本の陶芸を牽引した走泥社(そうでいしゃ)。走泥社は1948年に京都の陶芸家、八木一夫、叶哲夫らの5人で結成され、多様な人材が集まり50年にわたり活動を続けた。本展は結成25年の1973年までに焦点を絞り、25年の間に同人であった42人のうち、作品が残る32人の制作を通して走泥社の活動を紹介。3章で構成するうちの1章と2章を前期、3章を後期として展示替えが実施され、前期では鈴木治の「ロンド」などの初期作品が、後期には宮永理吉の「パイプ」など、多様な造形表現がなされるようになった充実期の作品を見ることができる。

見どころ

前期では前衛陶芸家集団として走泥社の骨格が定まるまでの作品を、後期では草創期からのメンバーと次世代の若手作家とが併存した時期の作品が展示され、前衛陶芸が生まれた時代の流れを一連の作品を通して知ることができる。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

  • 今日 26℃16℃
  • 明日 25℃18℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。