北海道のアンモナイト ~サントニアン編~ 三笠市立博物館

このページをスマホで見る

営業期間:開催中~2024年5月12日(日)

休み:月曜(祝日の場合は翌日)

北海道三笠市
北海道のアンモナイト ~サントニアン編~

三笠市立博物館

殻全体に突起があるテキサニテスの仲間
画像提供:三笠市立博物館
※ このイベントは終了しました。
北海道のイベントはこちらからご確認ください。

サントニアン期に生息していたアンモナイト200点を展示

三笠市立博物館が毎年実施する企画展シリーズ「北海道のアンモナイト」の第10弾。今回の展示では、12の時代に分けられた白亜紀のなかでもサントニアン期に生息していた北海道産アンモナイトの化石約200点が展示される。サントニアン期のアンモナイトの代表格であり、世界各地で生息していたテキサニテスのほか、異常巻きアンモナイトと呼ばれる不思議な形をしたポリプチコセラスなど日本周辺を含む、北太平洋の中で独自の進化を遂げたアンモナイトも紹介する。

見どころ

展示されている化石はすべて北海道各地で採集された三笠市立博物館ボランティアの会会員の個人コレクションのため、今回の企画展でしか見ることができない貴重な化石を鑑賞できる。

混雑する時間の目安

※休日の混雑目安を表示しています。
棒グラフが高いところが混雑する時間の目安です。

  • 今日 19℃10℃
  • 明日 16℃10℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2024年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※自然災害の影響やその他諸事情により、イベントの開催情報、施設の営業時間、植物の開花・見頃期間などは変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認のうえ、おでかけください。
※新型コロナウイルス感染対策の実施については個人・事業者の判断が基本となります。
※掲載されている画像は取材先から本ページへの掲載の許諾をいただき、提供されたものとなります。
※表示料金は消費税8%ないし10%の内税表示です。
X(旧Twitter)でシェアFacebookでシェア

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。