ラグーナテンボスで開催の「チューリップまつり」で春を満喫!

「ラグーナテンボス ラグナシア」(愛知県蒲郡市)では、2018年4月15日(日)まで「チューリップまつり in Flower Lagoon」が開催されている。会場となるフラワーラグーンは4つのエリアに分かれており、テーマ毎に趣向の凝ったチューリップ観察ができる。チューリップをはじめ、約20万本の花が庭園を彩る光景は、ため息が出てしまうほどの美しさだ。今回はエリアごとにその見どころをご紹介!

春色彩るラグーナの「チューリップまつりin Flower Lagoon」開催中!

春の花“チューリップ”を満喫!

入口からすぐの「フラワーフォール」は珍しいチューリップが集められたエリア。「フラワーラグーン チューリップコレクション」と題されたこの一帯には、上品なピンク色のチューリップから、別名“夜の帝王”と名付けられた黒っぽいチューリップまで、さまざまな品種が集まっている。“チューリップコレクション”なだけに、まさにそこは花のファッションショー!

珍しいチューリップも楽しめる/フラワーフォール
【写真を見る】別名“夜の帝王”と知られるチューリップ「ブラックヒーロー」

順路に沿って進むと、「フラワーバレー」のエリアに到着。ガラス回廊の下にチューリップが咲き並び、まるで空中散歩しているような気分が味わえる。カラフルなチューリップに加え、パンジーやビオラといった季節の花々とのコントラストが見どころだ。

花壇のコントラストが美しい/フラワーバレー

3つ目の「ビーチ」は、浜辺をモチーフとしたエリア。ビーチ越しに見るチューリップの丘はとても壮大で、横一線に埋めつくされたチューリップが、水面に映り込む様子はなんともファンタジック。ビーチの青色と花々の色彩を満喫した後は、チューリップの丘を登ろう。その先にあるのは「フラワースカイ」エリアで、赤・白・黄のポップなイメージのチューリップとは異なる紫色のチューリップが所狭しと並ぶ。シックなムード満点の花々に驚くはず!ガーデン全体を一望できる人気のスポットだ。

横一線にチューリップが並ぶ/ビーチ

夜はライトアップされて幻想的に!

ライトアップされた夜のフラワーラグーンもおすすめだ。昼間とは違ったロマンチックな風景が楽しめる。「ラグーナテンボス ラグナシア」は21:00ごろ(閉園時間は日によって異なる)まで営業しているので、アトラクションを思いっきり楽しんだ後はフラワーラグーンで過ごしてみては。

ライトアップの様子/フラワースカイ

グッズショップにも立ち寄ろう

フラワーラグーンの出口にあるグッズショップ「フルール」にも立ち寄ってみよう。店内にも「チューリップまつり」コーナーが設置され、チューリップがテーマのさまざまなアイテムが並ぶ。家でも観賞したい人にイチオシの「ふわふわチューリップ」(378円)や、チューリップをモチーフとしたデザインの「チューリップリースサシエ」(810円)など春らしいアイテムがそろうので、記念に買って帰ろう!

グッズショップ「フルール」
マスキングテープ(1080円)やガーゼハンカチ(810円)など、さまざまな小物がそろう

詳細情報

■「チューリップまつり in Flower Lagoon」
期間:2018年3月17日(土)~4月15日(日)
会場:ラグーナテンボス ラグナシア フラワーラグーン
住所:愛知県蒲郡市海陽町2-3
時間:ラグナシア開園時から閉園15分前まで
料金:ラグナシアの入園料 大人(中学生以上)2150円、小学生1200円、幼児(3歳以上)700円ほか

「東海ウォーカーWEB」で東海エリアの最新情報をチェック!

情報は2018年3月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する