福岡市博物館

福岡県・福岡市早良区 / 博物館

漢時代の漢委奴国王印は必見

福岡市博物館
エミール・アントワーヌ・ブールデルの4体のブロンズ像が立つ

福岡タワーやヤフオクドーム(福岡ドーム)に隣接しており、1990(平成2)年10月に地域の歴史と民俗を研究・展示する博物館として誕生した。上から見ると100m×100mの正方形をしており、正面入口両側にはフランス近代彫刻の巨匠エミール・アントワーヌ・ブールデルの4体のブロンズ像が立つ。常設展示室では“FUKUOKA アジアに生きた都市と人びと”をテーマにした福岡の歴史と民俗を紹介している。なかでも注目なのは1784年に発見された金色に輝く漢時代の金印、漢委奴国王印だ。他にも博物館資料や館外の文化財を紹介する企画展示に、年5、6回の特別展示も行っている。

  • 今日 --
  • 明日 12℃6℃

福岡市博物館 スポット情報/アクセス

スポット情報

スポット名 福岡市博物館
営業時間 9:30~17:30 最終入館17:00
定休日 月曜(祝日の場合翌日)。12月28日~1月4日
料金 観覧料
一般 200円
高大生 150円
※中学生以下及び65歳以上(要証明書提示)無料。特別展観覧料は別途定める

アクセス情報

住所 福岡県福岡市早良区百道浜3-1-1MAP
交通アクセス 【電車】地下鉄西新駅から徒歩15分 【車】福岡都市高速道路百道ランプから約3分
駐車場 250台 無料
お問合せ 092-845-5011
URL 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税8%内税表示です。

[PR] おすすめ情報

イチゴ狩り特集