身近にいる危険な生きものたちを紹介!埼玉県立自然の博物館で企画展開催中

埼玉県立自然の博物館(秩父郡長瀞町)で、6月23日(日)まで企画展「要注意!野外の危険なもの」が開催されている。

埼玉県立自然の博物館で企画展「要注意!野外の危険なもの」開催中

スズメバチやヤマウルシのように大きく目立つものばかりでなく、身近な場所や、意外な場所にも危険なものは潜んでいる。同展では、家の周辺や公園など日常生活の中の危険、草むら・河原などレジャーの際の危険、雑木林・山などハイキングの際の危険等、様々な危険なものについて、実物標本や写真をもとに紹介。

また、名前から有毒と思われるドクダミやヘビイチゴ、ムカデと間違われるゲジやヤスデなど、「実は安全」な生きものも標本と写真で紹介している。見た目やイメージだけで悪者扱いをするのではなく、相手を正しく知り、自然を楽しむ知識を学べる。

スズメバチやヤマウルシなど様々な生きものを標本と写真で展示

さらに「ハチに刺された!」「ヤマウルシにかぶれた…」「ツキノワグマに遭遇」など、当館の学芸員が実際に遭遇した野外の危険も紹介されており、体験したからこそわかったことなど、体験者ならではの経験を知ることができる。5月12日(日)、6月16日は担当学芸員によるミュージアムトークが開催される。より安全に自然を楽しむため、注意するポイント、見分け方などを知ることができる企画展「要注意!野外の危険なもの」。ぜひ、GWは家族で埼玉県立自然の博物館を訪れてみよう。

詳細情報

ウォーカープラス公式Twitterアカウント


情報は2019年04月27日時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

おすすめ情報