鎌倉に行こう! 静かな奥鎌倉の散策に加えたくなる穴場スポット3選

金沢街道沿いの浄明寺周辺は、通称・奥鎌倉と呼ばれているエリア。この辺りには貴重な建築物である山荘や洋館、個性的なアートギャラリーが立ち並んでいる。今回は、鎌倉散策に加えたくなる穴場スポット3件を紹介!

登録有形文化財になっている閑静な西洋建築「旧華頂宮邸」

西洋木造建築の洋館。登録有形文化財にも指定

報国寺の奥の閑静なエリアに現れる「旧華頂宮邸(きゅうかちょうのみやてい)」。華頂博信(かちょうひろのぶ)侯爵の邸宅として1929年に建てられた洋風建築で、「日本の歴史公園100選」に選定されている。整備されたフランス式の庭園は、シダレザクラやバラ、アジサイなど四季折々の花々を楽しめる。

レザーアートの第一人者によるギャラリー「Salon de 酔鯨館」

【写真を見る】レザーアートのクジラやライオン、油絵など多数の作品を館内に展示

日本のディスプレイ大賞などの受賞歴もある芸術家・石丸雅通氏のギャラリー「Salon de 酔鯨館(すいげいかん)」。レザーアートのクジラやライオン、油絵など多数の作品を館内に展示している。これらの作品には、実際に触れることも可能。庭には、約8mもあるザトウクジラのオブジェも!

細部にまでこだわりぬかれた重要文化財「一条恵観山荘」

細部にまでこだわりを持って作られた国指定の重要文化財の茶屋

江戸初期に京都に建てられた「一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)」。一条恵観の雅な感情を感じることができる山荘。茶屋を昭和期に移築させ、昨夏に一般公開が開始された。茶屋の体験案内のあとは、庭園を望むカフェ「楊梅亭(やまももてい)」で滑川のせせらぎを聞きながらティータイムを過ごそう。

初夏の緑が気持ちいい季節。鎌倉在住の地元人がおすすめする奥鎌倉エリアの由緒ある建物やアート空間へ出かけてみよう!

詳細情報

■旧華頂宮邸
住所:神奈川県鎌倉市浄明寺 2-6-37
電話:0467-61-3477
時間:10:00~15:00、4~9月は~16:00
休み:月曜・火曜
料金:入場無料
駐車場:なし
アクセス:JR線、江ノ島電鉄線鎌倉駅東口より鎌倉霊園正門前太刀洗行バスなど約8分、浄明寺バス停から徒歩4分

■Salon de 酔鯨館
住所:神奈川県鎌倉市十二所 22
電話:0467-25-0687
時間:完全予約制
休み:なし
料金:入館500円
駐車場:5台(無料)
アクセス:JR線、江ノ島電鉄線鎌倉駅東口より鎌倉霊園正門前太刀洗行バスなど約10分、泉水橋バス停から徒歩5分

■一条恵観山荘
住所:鎌倉市鎌倉市浄明寺 5-1-10
電話:0467-53-7900
時間:10:00~16:00(最終入館15:30)
休み:月曜・火曜、不定
料金:入園500円
駐車場:なし
アクセス:JR線、江ノ島電鉄線鎌倉駅東口より鎌倉霊園正門前太刀洗行バスなど約8分、浄明寺バス停から徒歩1分

まだある!鎌倉の最旬スポットはココからチェック!


⇒最新情報から人気連載まで!「YOKOHAMA Walker WEB」はこちら

情報は2018年4月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する