澄んだ空気と緑に癒される!都内の穴場“涼スポット”8選

夏本番はまだまだ先…と思いきや、汗ばむような陽気の日も多いこの時季。足を延ばして避暑地へ出かけるのも良いけれど、涼しい雰囲気を手軽に味わえる場所は、都内にも意外と豊富にある。今回は、等々力渓谷や多摩川以外の穴場スポットをピックアップ。ちょっとした時間を利用して、公園や庭園でリフレッシュしよう!

林試(りんし)の森公園

巨樹が立ち並ぶ、林試の森公園

以前は林業試験場として利用されていたため、園内にはケヤキやクスノキなどの巨木が多数自生し、まるで森のような雰囲気。芝生広場や池もあり、木陰の中でのんびり過ごすことができる。

住所:東京都目黒区下目黒5、品川区小山台2 時間:常時開園 休み:なし 料金:無料

水元公園

【写真を見る】都内で唯一水郷の景観を持つ水元公園

ため池を利用した広い水辺には、例年6月ごろ見られるハナショウブをはじめ多彩な生態系が生息。メタセコイアの森もあり、森林浴も楽しめる。都内で唯一水郷の景観があるのも特徴。

住所:東京都葛飾区水元公園、東金町5・8、埼玉県三郷市 時間:常時開園 休み:なし 料金:無料

国立科学博物館附属自然教育園

国立科学博物館附属自然教育園は、山手線内とは思えないほど、広大な敷地を誇る植物園

目黒駅近くに東京ドーム4個分もの広大な自然が広がる、まさに都会のオアシス。園内には、森林や草原、池、湿原などのさまざまな環境があり、四季折々の表情を楽しむことができる。

住所:東京都港区白金台5-21-5 時間:5/1~8/31は9:00~17:00、9/1~4/30は~16:30(いずれも入園は~16:00) 休み:月曜、祝日の翌日、年末年始 料金:一般310円、65歳以上と高校生以下は無料

お鷹の道・真姿(ますがた)の池湧水群

名水百選に選ばれた尾張徳川家ゆかりの地である、お鷹の道・真姿の池湧水群

付近は江戸時代に尾張徳川家の鷹狩りに利用された場所で、現在は全長約350mの遊歩道として整備。環境省選定名水百選に選ばれた湧水群も隣接し、静かな清流が心を潤してくれる。

住所:東京都国分寺市東元町3、西元町1 時間:常時 休み:なし 料金:無料

小石川後楽園

小石川後楽園は、池を中心とした景観豊かな庭園

各地の景勝を模した湖や山、川、田園などの景観を巧みに表現した庭園。特に琵琶湖を表現した大泉水は、園内の中心的なスポット。周囲には滝もあり、夏には涼しげな雰囲気を漂わせる。

住所:東京都文京区後楽1-6-6 時間:9:00~17:00(入園は~16:30) 休み:12/29~1/1 料金:一般300円、65歳以上150円、小学生以下および都内在住・在学の中学生は無料

殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園

滝と湧水が爽やか!駅チカで涼を得られる殿ヶ谷戸庭園

段丘の崖と谷を巧みに利用した庭園で、明るい芝生と湧水池、樹林など、多彩な景観が楽しめる。急な崖を流れる滝も見どころの一つとなっている。井戸水を使った鹿おどしにも注目だ。

住所:東京都国分寺市南町2-16 時間:9:00~17:00(入園は~16:30) 休み:なし 料金:一般150円、65歳以上70円、小学生以下および都内在住・在学の中学生、身体障害者手帳等を持参の方と付添の方は無料

名主(なぬし)の滝公園

名主の滝公園は、4つの滝を楽しめる回遊式庭園

江戸時代にこの地に住んでいた名主が開いた庭園。落差8mもある男滝など4つある滝をはじめ、ケヤキなどの森林もある。清涼感たっぷりの景色が広がっていて、夏でも涼しく過ごすことができる。

住所:東京都北区岸町1-15-25 時間:9:00~17:00(7/15~9/15は~18:00、入園は閉園の30分前まで) 休み:なし 料金:無料

小山田緑地

田園風景も広がる緑豊かな丘陵地でのんびりリラックス!小山田緑地

町田市北西部の丘陵地にある緑地公園で、約44万平方メートルの広大な敷地の中に、運動広場や雑木林、竹林などがある。トンボが生息する池など、水辺の景色も充実していて気持ちがいい。

住所:東京都町田市下小山田町・上小山田町 時間:常時開園 休み:なし 料金:無料

詳細情報


初夏ウォーカー首都圏版2018発売中!

鎌倉グルメさんぽやハイキング、日帰り絶景など、ゴールデンウィークから6月まで使えるおでかけ情報満載。ラーメン半額やチェーン店割引などゴールデンウィークも使える、合計約4万4000円もリーズナブルなクーポンBOOK付き!



情報は2018年4月時点のものです。おでかけの際はご注意ください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する