「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった 福岡アジア美術館

このページをスマホで見る

営業期間:2022年4月8日(金)~7月10日(日)

水曜日休館

福岡県福岡市博多区
「アニメージュとジブリ展」一冊の雑誌からジブリは始まった

福岡アジア美術館

(C)1984 Studio Ghibli・H
※ このイベントは終了しました。
福岡県のイベントはこちらからご確認ください。

スタジオジブリの原点 “初公開作品や福岡限定グッズも”「アニメージュとジブリ展」

1974年に「宇宙戦艦ヤマト」が放送されて以降、アニメの盛り上がりの中で「アニメージュ」は、ファンと作り手の架け橋となる日本初の商業アニメ専門誌として生まれた。本展覧会は雑誌「アニメージュ」の1978年創刊当時から80年代に焦点を当てる。まだアニメという言葉さえ広がっていない時代から、1979年に登場した「機動戦士ガンダム」の大ヒットによりアニメが大きく飛躍するブーム期。そして、鈴木敏夫が後のジブリにつながる高畑勲・宮崎駿両監督を見出し、「風の谷のナウシカ」「天空の城ラピュタ」の映画製作に傾倒するまでの道のりを紹介。「風の谷のナウシカ」のセル画や押井守監督作品「天使のたまご」の貴重な資料、初期ガンプラによる「機動戦士ガンダム」の名シーンを立体で表現したジオラマなど約200点以上を展示する。

見どころ

本展で初公開となる「風の谷のナウシカ」のセル画の数々や企画書を展示。さらに、映画「シン・ゴジラ」のキャラクターデザインを手掛け、「ジブリの大博覧会」では「玉蟲の世界」を製作・監修した日本を代表する造形作家・竹谷隆之氏による初の試み、「風使いの腐海装束」、「巨神兵のジオラマ」を完全再現した造形物も登場する。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 32℃27℃
  • 明日 32℃27℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2022年6月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。