驚異と怪異 ―世界の幻獣と霊獣たち― 高知県立歴史民俗資料館

このページをスマホで見る

営業期間:開催中~6月26日(日)

※会期中無休

高知県南国市
驚異と怪異 ―世界の幻獣と霊獣たち―

高知県立歴史民俗資料館

本展メインビジュアル
※ このイベントは終了しました。
高知県のイベントはこちらからご確認ください。

空想世界の生き物たちが勢揃い!

本展は、令和元年に国立民族学博物館(みんぱく)で開催され、好評を博した特別展「驚異と怪異」の一部を巡回するものである。高知展では、みんぱくの資料を中心に独自借用の資料も加え、龍、怪鳥、巨人など世界各地の人びとが創り出してきた不思議な生きものたちを紹介し、人間の想像力の面白さに迫る。

見どころ

近世以前、ヨーロッパや中東においては、人魚や一角獣といった不可思議だが実在するかもしれない生物や現象が「驚異」として自然誌の知識の一部とされてきた。また、東アジアにおいては、奇怪な現象や異様な生物の説明として「怪異」という概念が作り上げられてきた。本展では日本の昔話でお馴染みの人魚、河童、天狗などをはじめ、世界中の不思議な生き物たちが登場する。さらに、様々なミュージアムトークやワークショップも随時開催される。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来園者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/入場時の手指消毒・検温/マスク着用
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 34℃26℃
  • 明日 35℃26℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2022年5月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。