空間に生きる画家 猪熊弦一郎 ―民主主義の生活空間と造形の試み 香川県立ミュージアム

このページをスマホで見る

営業期間:2021年4月17日(土)~6月6日(日)

※休館日:月曜日、ただし5月3日は開館 ※ 展示替あり=A(4/17~5/9)、B(5/11~23)、C(5/25~6/6)

香川県高松市
空間に生きる画家  猪熊弦一郎 ―民主主義の生活空間と造形の試み
猪熊弦一郎《青いマフラー》1946年 香川県立ミュージアム蔵 (c)The MIMOCA Foundation
※ このイベントは終了しました。
香川県のイベントはこちらからご確認ください。

猪熊弦一郎の 1950 年代の仕事に注目した展示会

戦前から戦後にかけてパリ、東京、ニューヨーク、ハワイで活躍した香川県出身の画家、猪熊弦一郎。今回の展示会では、生活空間や協働など、建築に関わる様々な要素を考えながら総合芸術としての建築に取り組んだ彼の 1950 年代の仕事に注目。激しく変化する時代を反映しながら、絵画の枠を超えて芸術に向き合った猪熊を、新たな視点でとらえて紹介する。

見どころ

5月2日(日)には 講演会「開かれた空間 1950 年前後の芸術的可能性」 、5月15日(土)には トークイベント「猪熊弦一郎の交友録」 、5月29日(土)には学芸講座「猪熊弦一郎の藤野疎開」が開かれる。詳しくは公式ホームページへ。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底/距離を意識した接客
【施設内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応(一部のみ対応)/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来園者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来園自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 11℃5℃
  • 明日 14℃3℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2021年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【香川県】

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。