脇田和と猪熊弦一郎 モダンの展開 石川県立美術館

堅固な構成を持つ脇田作品を交友画家猪熊作品と共に紹介

脇田和と猪熊弦一郎 モダンの展開
2人の個性あふれる創作の歩みが見られる
脇田和《暖帯》1985年、猪熊弦一郎《飛ぶ日のよろこび》1993年、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵、(C)The MIMOCA Foundation
※ このイベントは終了しました。
石川県のイベントはこちらからご確認ください。

石川県立美術館の所蔵する脇田和作品321 点を軸とした展覧会。ドイツで絵画や各種の版画技法など美術全般を学び、帰国後昭和11年に新制作派協会を創立し、以後、常に具象絵画の第一線にあって画壇をリードしてきた脇田和の作品とともに、交友画家の第一弾とし、新制作派協会の立ち上げに関わった猪熊弦一郎の作品を交えて展示する。展示は2部構成で、1部では脇田と猪熊の作品を10年単位に併置し、2人の個性あふれる創作の歩みを、第2部では脇田の初期から晩期までを辿り、詩情あふれる作品の展開が堪能できる。会期中は記念講演会やファミリー鑑賞会などの関連イベントも多数開催する。

  • 今日 24℃19℃
  • 明日 26℃20℃

脇田和と猪熊弦一郎 モダンの展開 イベント情報/アクセス

GW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポット情報

開催日・期間 2019年4月20日(土)~6月9日(日)
開催時間 9:30~18:00、最終入場17:30
料金 観覧料:一般1000円、大学生・65歳以上800円、高校生以下無料 有料

スポット情報

スポット名 石川県立美術館第7展示室、第8展示室、第9展示室
会場住所 石川県金沢市出羽町2-1MAP
駐車場 〇 60台 無料
会場アクセス 【電車】JR金沢駅からバス「広坂(石浦神社前)」下車徒歩1分 【車】北陸自動車道金沢西ICまたは金沢森本ICから約25分
お問い合わせ1 076-231-7580 平日9:00~17:00
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報