「牧歌礼讃 / 楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン + 藤田龍児」 東京ステーションギャラリー

このページをスマホで見る

営業期間:2022年4月16日(土)~7月10日(日)

※会期中一部展示替えあり(前期4月16日~5月29日、後期5月31日~7月10日) 休館日:月曜日 ※ただし、5月2日、7月4日は開館

東京都千代田区
「牧歌礼讃 / 楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン + 藤田龍児」

東京ステーションギャラリー

アンドレ・ボーシャン《川辺の花瓶の花》1946年 個人蔵(ギャルリーためなが協力)

2人の画家が生み出した癒しの絵画

アンリ・ルソー以来の最も優れた素朴派の画家ともいわれるアンドレ・ボーシャン(1873-1958)。大病から奇跡の復活を遂げ、20世紀後半の日本で活躍した藤田龍児(1928-2002)。ヨーロッパと日本、20世紀前半と後半と活躍した地域、時代も異なるが、ともに牧歌的で楽園のような風景を、自然への愛情を込めて描いてきた両者の作品を代表作を含む計116点で紹介する。

見どころ

アンドレ・ボーシャンは破産した農園と病気の妻をかかえ、藤田龍児は大病による半身不随という苦境の中で理想郷を夢想し、過酷な状況の中から心を癒してくれるような牧歌的な作品群を生み出してきた。人と自然が調和して暮らす世界への憧憬に満ちた、苦難の中から生み出された彼らの癒しの絵画に触れることができる。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置/エレベーターの定員制限/徒列の間隔表示
【来場者へのお願い】三密回避/体調不良時の来場自粛/咳エチケット/入場時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
【その他】日時指定券のオンライン販売/鉛筆、ブランケット、スリッパの貸出中止
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 34℃24℃
  • 明日 34℃24℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2022年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。