タータン 伝統と革新のデザイン 岩手県立美術館

世界中で広く愛用されているタータンの定義や歴史を紹介

タータン 伝統と革新のデザイン
19世紀にはデザインとしてタータンが人気だったことがわかるクリノリン・スタイルのドレス
<アフタヌーンドレス> 1865年頃 神戸ファッション美術館蔵
※ このイベントは終了しました。
岩手県のイベントはこちらからご確認ください。

日本でも人気が高く、世代を超えて愛されている「タータン」に着目した展覧会。今日、あらゆるところで目にするタータン。本来単なるデザインであるだけではなく、長い歴史に育まれたスコットランドを象徴する文化の一つだった。本展では、これまで日本ではあまり目にすることがなかったタータン生地約110点および、19世紀に活躍した諷刺画家ジョン・ケイの版画、現在活躍中のファッション・デザイナーによる服、日本とタータンの関わりを示す資料等約160点を展示。タータンの多彩な色彩や洗練されたデザインを堪能できるとともに、多角的な視点からひも解かれたタータンの意味や魅力、可能性を知ることができる。会期中の土日祝、タータン柄の服やアイテムを身に着けた観覧者(各日先着50名)には、タータン・グッズをプレゼントする。

  • 今日 32℃23℃
  • 明日 33℃23℃

タータン 伝統と革新のデザイン イベント情報/アクセス

GW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポット情報

開催日・期間 2019年4月13日(土)~5月26日(日) ※月曜(4月29日、5月6日開催)、5月7日(火)休み
開催時間 9:30~18:00 最終入館17:30 4月26日(金)は21:00まで 最終入館20:30
料金 観覧料一般1000円、学生・高校生600円、小中学生400円、障害者割引あり、常設展も観覧可、5月5日(日)は18歳未満の児童・生徒無料(高校生は要学生証提示) 有料

スポット情報

スポット名 岩手県立美術館
会場住所 岩手県盛岡市本宮字松幅12-3MAP
駐車場 〇 156台 無料
会場アクセス 【電車】JR盛岡駅から車で約5分 【車】東北自動車道盛岡ICから約15分または盛岡南ICから約20分
お問い合わせ1 019-658-1711
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※掲載情報は2019年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報