シャガール「アレコ」全4作品完全展示 青森県立美術館

このページをスマホで見る

営業期間:開催中~2023年3月頃

青森県青森市
シャガール「アレコ」全4作品完全展示

青森県立美術館

「三内丸山縄文遺跡」の発掘現場から着想を得て設計された青森県立美術館

あらためてシャガールの舞台美術作品の魅力を感じられる

青森県立美術館の中心には、アレコホールと呼ばれる縦・横21m、高さ19m、四層吹き抜けの大空間が設けられており、20世紀を代表する画家、マルク・シャガール(1887-1985)によるバレエ「アレコ」の背景画が展示されている。青森県は1994年に、全4作品から成るバレエ「アレコ」の舞台背景画中、第1幕、第2幕、第4幕を収集。残る第3幕の背景画《ある夏の午後の麦畑》は、アメリカのフィラデルフィア美術館に収蔵され、長らく同館の西側エントランスに展示されていたが、同館の改修工事に伴い、2017年4月から4年間の長期借用が認められ、さらに2021年4月には2年間の借用期間の延長が認められた。青森県立美術館での「アレコ」背景画全4作品の展示は、2006年の開館記念で開催された「シャガール 『アレコ』とアメリカ亡命時代」展以来。背景画全4作品が揃ったこの貴重な機会は、あらためてシャガールの舞台美術作品の魅力を感じさせてくれる。

見どころ

【アレコ特別鑑賞プログラム】高さ約19メートルの大ホールに展示された「アレコ」背景画に舞台用の照明をあて、音楽とともにバレエのステージを彷彿とさせる演出を加えながら、作品制作の背景、バレエのストーリーなどをナレーションで紹介する約15分間の鑑賞プログラムを、開館中、定時で上映中。上映時間:11:00~、13:00 ~、15:00 ~

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内 
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/体調不良時・濃厚接触者の来場自粛/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 24℃22℃
  • 明日 28℃22℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2022年3月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【青森県】

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。