2021年度 春夏プログラム りんご宇宙 ―Apple Cycle / Cosmic Seed弘前れんが倉庫美術館

このページをスマホで見る

営業期間:2021年4月10日(土)~8月29日(日)

※休館日:火曜日 ※ただし4月27日(火)、5月4日(火)、8月3日(火)は開館

青森県弘前市
2021年度 春夏プログラム りんご宇宙 ―Apple Cycle / Cosmic Seed
ネオンという抽象的な素材を用いた感覚に強く訴えかける作品
ケリス・ウィン・エヴァンス “....the Illuminating Gas” Exhibition view at Pirelli HangarBicocca, Milan, 2019. Courtesy of the artist and Pirelli HangarBicocca, Milan Photo: Agostino Osio [参考図版]
※ このイベントは終了しました。
青森県のイベントはこちらからご確認ください。

りんごを通して感じる豊かな思考と想像の世界

開館2年目を迎える弘前れんが倉庫美術館。今年度のプログラムは英国を代表する現代アーティストのケリス・ウィン・エヴァンスによる弘前れんが倉庫美術館のための新作コミッションワークを基点に、異なるテーマのもと複数のアーティスト作品から展示を入れ替える形で構成される。ケリス・ウィン・エヴァンスはネオン、音、鏡などの素材を用いて、哲学や音楽、天文学、物理学など多様な分野に基づく作品を制作。ケリス・ウィン・エヴァンスは2019年に弘前を訪れた際に出会ったりんごに着想を得て、その断面のフォルムから万有引力の公式、惑星の軌道といった象徴的なイメージやモチーフをグラフィカルに組み合わせた巨大な灯(ともしび)、あるいは光のトーテムのような作品を生み出した。2021年度のプログラム第一部は、そんなりんごをめぐる豊かな思考と想像に着目した多様な作品を展示する。

見どころ

現代のアーティストらによる、りんごを素材とした新たな創作アプローチや、生と死、循環、種子、変容などに関連して、りんごという日常の身近な存在から宇宙規模に展開される多様なイマジネーションのかたちを紹介する。

新型コロナウイルス感染拡大予防対策

【屋内・屋外区分】屋内
【スタッフ対策】手洗い・うがい・手指消毒/マスク・フェイスシールド着用/定期検温・体調管理の徹底
【施設・会場内の対策】窓口等に飛沫防止パーティション設置/キャッシュレス対応/定期的な換気/共有部分の定期的な消毒/消毒液設置
【来館者へのお願い】三密回避/咳エチケット/入館時の手指消毒・検温/マスク着用/混雑時の入場制限
※取材時点の情報です。新型コロナウイルス感染拡大予防対策・その他の最新情報は、公式サイト等でご確認ください

  • 今日 3℃0℃
  • 明日 9℃-1℃

天気情報提供元:株式会社ライフビジネスウェザー

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

※掲載情報は2021年2月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。
※表示料金は消費税10%の内税表示です。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

青森県のGW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポットを探す

おすすめ情報

閲覧履歴

  • 最近見たイベント&スポットページはありません。