【開催延期】いのちの裂け目 ―布が描き出す近代、青森から 青森公立大学国際芸術センター青森

青森県青森市
【開催延期】いのちの裂け目 ―布が描き出す近代、青森から
手芸などの身近なテクニックや素材を用いて、平面からインスタレーションまで様々な作品を制作
碓井ゆい《shadow of a coin》 2012-2018 photo: Shinya Kigure

モノを通して 過去から現在へとつながる人間の営みについて考察できる

【※4月11日(土)~6月21日(日)の予定が、5月7日(木)予定~6月21日(日)に延期となりました】青森公立大学国際芸術センター青森で行なってきた「青森市所蔵作品展」の流れを汲みつつ、手芸や工芸、伝統文化の技術をもとに現代美術の活動を行うアーティストたちが、裂織や刺し子、ボロをはじめとする風土に根ざした布類や農具など青森の民俗資料から発想した新作や、文化財を用いたインスタレーションを展観。戦前の女子教育・洋学受容や戦争と花火、台湾原住民族と日本の関わり等をテーマに、現在と地続きである時代をアーティストそれぞれの視点で描き出す。県内では馴染みのある、こぎん刺しや裂織などの伝統工芸品なども見ることができ、幅広い世代で観覧を楽しめる。

※掲載情報は2020年4月時点のものです。随時更新をしておりますが内容が変更となっている場合がありますので、事前にご確認の上おでかけください。
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

カレンダーから絞り込む

カレンダーから日付を選択する

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【青森県】