日本画美術記念館文花の苑 草文

日本画美術記念館文花の苑 草文
建物は純木造で日本画美術館ならではの雰囲気が味わえる

西村草文と圭文親子の知られざる作品を紹介

明治生まれの日本画家、西村草文とその息子、圭文の作品を中心に紹介する美術館。西村親子は屏風や掛軸、絹布絵から水墨画、俳画と幅広くこなし、画才はあるものの世に出ることのなかった孤高の父子とされている。草文は、緻密な彩色画から下絵、輪郭を取らず、筆勢は一気に描く没骨法を取り入れ、スピード感やリズム感を作品で表現している。一方、圭文は自然を大胆に描写した力強い作品が特徴だ。親子は同じ京都南禅寺で画を追求したこともあり、彼らの作品を見比べるのも楽しさの1つ。他にも、古代中国(唐、宋、明)や李朝の陶器類、鎌倉建長寺の管長であった菅原時保の書画など貴重な品が並ぶ。

日本画美術記念館文花の苑 草文 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 日本画美術記念館文花の苑 草文
定休日 水曜。臨時休館あり
営業時間 9:30~16:00
料金 入館料 大人 500円 小中学生 300円 土・日・祝は小中学生無料
撮影可否
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
ペット同伴
お弁当の持込
再入場
予約 ◯ スタッフ不在の場合があるため要予約

アクセス情報

住所 鹿児島県姶良市北山3770-22MAP
交通アクセス 【電車】JR重富駅から車で約20分。JR帖佐駅から車で約15分
駐車場 〇 7台 無料(普通車5台、大型2台)
お問い合わせ1 0995-68-0077
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

鹿児島県のGW(ゴールデンウィーク)イベント・おでかけスポットを探す

おすすめ情報

GWの人気イベントランキング
【鹿児島県】