照國神社

様々な事業を成功させた島津斉彬公をまつる

照國神社
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

島津家28代当主・島津斉彬公は1858(安政5)年に急逝、1863(文久3)年に勅命によって照國大明神の神号が授けられ一社を創建した。翌元治元年に社殿竣工、照國神社と称す る。境内には斉彬公の銅像や、その遺志を継いだ弟の島津久光公、甥の島津忠義公の銅像がある。また、斉彬公は日の丸を制定した人物で神社には日の丸が翻っており、さらに様々な事業を成功させた功績から事業の神様としてご利益がある。

照國神社 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 なし
営業時間 1月1日~1月3日まで 8:00~21:00
料金 入場無料
昨年の人出 約32万人
ご利益 事業繁栄、合格祈願、商売繁昌

アクセス情報

住所 鹿児島県鹿児島市照国町19-35MAP
交通アクセス 【電車】JR鹿児島「中央駅」から鹿児島市電「天文館通」またはバス「天文館」より徒歩5分
駐車場 〇 45台 無料、8:30~17:00 ※1月1日(祝)~3日(水)は利用不可
お問い合わせ1 099-222-1820
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報