宮崎神宮

神武天皇を祀る歴史ある神社

宮崎神宮
宮崎神宮では日々のお祭を通して、皇室の彌栄、国家の平安と発展、国民の幸せを祈っている
画像提供:宮崎神宮
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

初代天皇の神武天皇を御祭神として祀る神社で、創建は2000年以上前に遡るという。境内には1907(明治40)年に植えられた、樹齢300年以上のオオシラフジがあり、現在は国の天然記念物に指定されている。春の神事である流鏑馬では、鎌倉時代の武士装束に身を包んだ武者が桜の木の下で矢を放ち、見物客で大いに賑わう。

宮崎神宮 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 宮崎神宮
定休日 なし
営業時間 10月から4月 6:00~17:30 12月31日は6:00~17:30、1月1日は0:00~21:00、1月2日・3日は6:00~19:00、1月4日は6:00~18:00 5~9月 6:00~18:30
昨年の人出 約25万人
ご利益 商売繁盛、厄除け、勝負運、延寿

アクセス情報

住所 宮崎県宮崎市神宮2-4-1MAP
交通アクセス 【電車】JR宮崎神宮駅から徒歩10分
駐車場 〇 1300台 無料 (東神苑・西神苑)
お問い合わせ1 0985-27-4004
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報