柞原八幡宮

巨木と流麗な南大門がお出迎え

柞原八幡宮
社は双葉山のふもとに鎮座している
画像提供:柞原八幡宮
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

宇佐神宮より827(天長4)年に勧請されたのを建立の起源とし、約1200年の歴史があり、社殿10棟、宝物6点の国指定重要文化財を所蔵する。約8万3000平方メートルの広さを誇る境内には、西側に樹齢3000年を超える巨木のご神木の大楠(国指定天然記念物)がそびえ立ち、手前には約400年前の見事な彫刻がほどこされた「南大門」が堂々とした存在感を与えている。正月三が日には宝物館を拝観できます(8:00~17:00)。また、福引きや神楽、日本舞踊なども予定しています。

柞原八幡宮 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 なし
営業時間 参拝随時 ※お守り授与や祈願などは8:30~16:30 1月1日0:00~19:00頃、1月2~3日7:00頃~18:00頃
料金 宝物殿 大人 300円
昨年の人出 約10万人
ご利益 厄除開運・家内安全・交通安全

アクセス情報

住所 大分県大分市大字八幡987MAP
交通アクセス 【電車】JR大分駅からバスで約35分柞原下車、JR大分駅から車で約20分 【車】大分自動車道大分ICから約15分
駐車場 〇 300台 無料
お問い合わせ1 097-534-0065 柞原八幡宮
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報