高知城

山内一豊が築いた南海の名城で「全国唯一」を見る

高知城
追手門と天守の両方が見える人気の撮影スポット

関ヶ原の戦いで功績を上げた山内一豊が築いた城。1727(享保12)年の大火で城郭のほとんどが焼失するも、1753(宝暦3)年までに創建当時の姿に再建。明治時代に廃城となり、周辺は高知公園として整備され、一般に開放された。城内の保存状態は極めて良好で、天守など15の施設が国の重要文化財に指定。注目は現存天守と本丸御殿。天守1階には城外に向かって鉄棒を張り巡らせた忍び返しが残っており、本丸御殿書院の正殿には一段高くなった上段の間がある。忍び返しと本丸御殿が現存するのは全国でも高知城のみ。これら「全国唯一」を見ながら城内散歩を楽しめる。

  • 今日 34℃25℃
  • 明日 34℃24℃

高知城 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 12月26日~1月1日
営業時間 9:00~17:00 最終入場16:30
料金 利用料 18歳以上 420円 18歳未満無料、団体割引あり。その他入場料の減免については公式サイトを参照

アクセス情報

住所 高知県高知市丸ノ内1-2-1MAP
交通アクセス 【電車】土佐電鉄高知城前駅から徒歩5分 【車】高知自動車道高知ICから約20分
駐車場 〇 65台 最初の1時間は360円。以降100円/30分
おむつ交換室
再入場
コインロッカー
お問い合わせ1 088-824-5701 高知城管理事務所
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報