住吉神社

室町初期の様式を残した希少な神社

住吉神社
重要文化財指定40点余りの他、多数の収蔵物がある
画像提供:長門國一宮住吉神社
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

三韓征討に戦勝した神功皇后が、住吉大神の神恩に感謝してほこらを建て、住吉大神の荒魂をまつったのがはじまりとされている。本殿は1370(応安3)年、大内弘世が再建したもの。室町初期の神社建築として特異な様式を示す貴重な存在で、国宝に指定されている。8月25日の風鎮祭では、大きく育った稲が無事収穫できることを祈って、境内で盛大な盆踊りが奉納される。

住吉神社 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 住吉神社
営業時間 6:00~17:30 ※毎年1月1日0:00~18:00、2・3日6:00~18:00
昨年の人出 10万人
ご利益 海上安全・交通安全・家内安全・安産・商売繁盛
全体備考 駐車場や周辺道路など大変混雑するので公共交通機関の利用を勧めている。

アクセス情報

住所 山口県下関市一の住吉1-11-1MAP
交通アクセス 【電車】JR新下関駅から下関方面行きバス約5分「一の宮」下車徒歩5分 【車】中国道下関ICから約10分
駐車場 〇 無料
お問い合わせ1 083-256-2656 住吉神社
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報