米子市児童文化センターのプラネタリウム室

幅広い年齢層に対応した充実の投影番組

米子市児童文化センターのプラネタリウム室
30年前から使われているプラネタリウム投影機
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

米子児童文化センター内にあるプラネタリウム室は30年前の投影機を使い、たとえ1名しか来客がなくても毎日投影を行っている。投影番組はメインの「四季の見える星空の番組」をはじめ、日曜13:00の1回限定で行われる、大型紙芝居形式の短時間(15分)幼児向け投影「キッズプラネタリウム」、毎月1回行われる夜間投影、今夜見える星空の案内や天体の話題を解説する「ナイトプラネタリウム」(予約不要)などがある。

米子市児童文化センターのプラネタリウム室 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 米子市児童文化センターのプラネタリウム室
定休日 火曜
営業時間 14:00、15:00(土・日・祝は11:00、13:00、14:00、15:00、16:00)
料金 大人310円、小学生〜高校生50円(土日祝は大人のみ有料)
所要時間 40分
プラネタリウム恒星数 約3500
ドーム径(メートル) 12

アクセス情報

住所 鳥取県米子市西町133MAP
交通アクセス 【電車】JR米子駅からだんだんバスで約11分、湊山公園入口下車すぐ 【車】山陰自動車道米子中ICから約7分
駐車場 〇 40台 無料
お問い合わせ1 0859-34-5455
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報