和歌山城

見所たくさん!紀州徳川家の巨城で城内散歩を楽しむ

和歌山城
城内の御橋廊下から見た天守閣

紀伊を平定した羽柴(豊臣)秀吉が、弟の秀長に築かせた城。秀長の城代として入城した桑山氏、関ヶ原の戦い後の浅野氏時代を経て、1619(元和5)年、紀州徳川家の居城となった。尾張・水戸と並ぶ徳川御三家の1つ。明治に廃城となり、城郭のほとんどは解体され、1945(昭和20)年の空襲では天守閣など多くの施設が焼失。現在の天守閣は1958(昭和33)年に再建されたもの。天守閣内は資料館となっており、徳川家ゆかりの貴重な品が展示されている。桑山・浅野・徳川の3つの時代と共に変化してきた異なる積み方の石垣や、復元された御橋廊下、国の重要文化財に指定されている岡口門など、広い城内は見所が多い。

  • 今日 25℃19℃
  • 明日 30℃22℃

和歌山城 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 12月29日~12月31日
営業時間 9:00~17:30 最終入場17:00 7月20日~8月31日 9:00~20:00 最終入場19:30
料金 入場料 大人 400円 中学生 200円 小学生 200円 団体割引あり

アクセス情報

住所 和歌山県和歌山市一番丁3MAP
交通アクセス 【電車】JR和歌山駅から徒歩20分 【車】阪和自動車道和歌山ICから国道24号線経由で約15分
駐車場 〇 62台 最初の1時間200円、2時間まで350円。以後200円/1時間
ショップ数 2
コインロッカー
お問い合わせ1 073-422-8979 和歌山城天守閣
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報