唐招提寺

唐の高僧・鑑真大和上の精神を今に伝える

唐招提寺

南都六宗の一つである律宗の総本山。多くの苦難の末に来日をはたした鑑真大和上が、新田部親王の旧宅地を、戒律を学ぶ人たちのための修行の道場として開いた私寺。現在でも、奈良時代に建てられた金堂・講堂はじめ多くの文化財が残り、天平の息吹を感じさせる貴重な場所となっている。1998(平成10)年には世界文化遺産に登録された。修正会(しゅしょうえ)が1月1日(0:00~2:00)・3日(18:00~20:00)に行われる。1月3日は鏡餅を献じた人の名を読み上げ、独特な節回しで高らかに全国の餅の名を讃嘆するユーモラスな餅談義等の行事もあり。

  • 今日 31℃21℃
  • 明日 29℃19℃

唐招提寺 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
営業時間 8:30~17:00 ※受付は16:30まで 12月31日8:30~17:00、23:30頃~1月1日3:00頃まで、1月1日8:30~17:00
料金 拝観料 大人 600円 中高生 400円 小学生 200円
昨年の人出 約1万人
撮影可否 可 規制有り
ご利益 天下泰平・国家安寧・五穀豊穣・家内安全

アクセス情報

住所 奈良県奈良市五条町13-46MAP
交通アクセス 【電車】近鉄橿原線西ノ京駅から徒歩約10分、JR・近鉄奈良線近鉄奈良駅から六条山行きバス約17分「唐招提寺」下車徒歩すぐ 【車】第2阪奈有料道宝来ICから約3km、西名阪自動車道郡山ICから約8km
駐車場 〇 150台 乗用車は500円
お問い合わせ1 0742-33-7900 唐招提寺
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報