立木観音(安養寺)

元高野山とも呼ばれた弘法大師開山の厄除寺

立木観音(安養寺)
初詣には多く参詣者で賑わう
画像提供:立木観音
※ 本ページ記載の内容は2020年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

安養寺(あんようじ)は、滋賀県大津市にある浄土宗の寺院。「立木観音」の通称で知られており、地元では「立木さん」とも呼ばれ親しまれている。今より 1200 年前の平安時代、弘法大師が 42 歳の厄年に白い雄鹿に導かれ、光る立木の霊木に自身の背丈に合わせて観音様を刻み建立された寺。厄除けに御利益があることで有名。800余段の石段が有名ですが参拝者は年々増えているようです。 毎月 17 日は観音様の御縁日。特に 1月中の【元旦会】【初立木会】には多く参詣者で賑わいます。

立木観音(安養寺) スポット情報/アクセス

スポット情報

営業時間 9:00~16:30 1月1日大晦日から終日解放~22:00 1月2日6:00~21:00 1月3日6:00~20:00 ※詳しくはHPで要確認
料金 祈願料3000円
昨年の人出 約15万人
ご利益 厄除け・家内安全・心願成就

アクセス情報

住所 滋賀県大津市南郷奥山1231MAP
交通アクセス 【電車】JR石山駅から京阪バス約20分「立木観音前」下車徒歩約20分(石段800段)で境内 【車】名神高速瀬田東IC又は瀬田西ICから約15分、京滋バイパス笠取ICから約10分、石山ICから約12分
駐車場 〇 50台 無料 ※12月31日から2月中は臨時駐車場500台無料
お問い合わせ1 077-537-0008 立木観音(安養寺)
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報