立木観音(安養寺)

元高野山とも呼ばれた弘法大師開山の古刹

立木観音(安養寺)
※ 本ページ記載の内容は2019年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

琵琶湖から唯一流れ出る川、瀬田川。その流れに沿ってそびえる、立木山の中腹にあるのが古刹・立木観音だ。平安時代に山から光を放つ霊木を見つけた弘法大師が、霊木を立木のままに聖観世音菩薩を刻まれ、安置したと伝えられている。元高野山、また厄除観音とも呼ばれ、厄除けにご利益があることで有名。毎月17日には月詣りをする参詣者で賑わう。境内までの石段は全部で約800段。

  • 今日 28℃22℃
  • 明日 27℃18℃

立木観音(安養寺) スポット情報/アクセス

スポット情報

営業時間 9:00~16:30 土 8:30~16:30
昨年の人出 約8万人
ご利益 厄除け

アクセス情報

住所 滋賀県大津市南郷奥山1231MAP
交通アクセス 【電車】JR石山駅から京阪バス約20分「立木観音前」下車徒歩約20分(石段800段)で境内 【車】名神高速瀬田東IC又は瀬田西ICから約15分、京滋バイパス石山ICまたは南郷ICから約10分
駐車場 〇 無料
お問い合わせ1 077-537-0008 立木観音(安養寺)
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報