飯田市美術博物館のプラネタリウム

飯田の魅力を実写のドーム映像番組として発信

飯田市美術博物館のプラネタリウム
12.4等星まで最大11万8000個もの恒星を映し出す
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

飯田城跡の見晴らしのいい高台に立つプラネタリウム。星空解説と楽しいアニメーション番組の他、全国で初めての取り組みとして、南信州伊那谷の自然や文化をデジタルプラネタリウムによる迫力の映像で紹介するオリジナル番組が上映される。飯田出身の画家菱田春草の魅力を描く「菱田春草」や、伊那谷の芸能や文化を紹介する「人形劇のまち飯田」、伊那谷の自然を紹介する「遠山川の埋没林」など現在全12本のオリジナル番組があり、土・日曜、祝日の5回と、平日の14時30分と16時からの回に取り上げられる。

飯田市美術博物館のプラネタリウム スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 月曜
営業時間 平日 14:30、16:00(10:00、11:30、13:00は予約投影) 土・日・祝 10:00、11:30、13:00、14:30、16:00
料金 一般250円、高校生150円、小中学生50円、幼児無料(ただし座席を利用する場合は小・中学生料金)
所要時間 約60分
プラネタリウム恒星数 約11万8000個
ドーム径(メートル) 12m

アクセス情報

住所 長野県飯田市追手町2-655-7MAP
交通アクセス 【電車】JR飯田駅から徒歩20分 【車】中央自動車道飯田ICから約15分
駐車場 〇 70台 無料
お問い合わせ1 0265-22-8118
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報