とちぎ蔵の街美術館

200年の歴史が刻まれた蔵が見る者を圧倒

とちぎ蔵の街美術館
通称おたすけ蔵を改修した美術館は歴史の重みを感じさせる
(C)とちぎ蔵の街美術館
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

約200年前に建てられた善野屋土蔵を改修した趣のある美術館。市の指定文化財でもある館内には、漆喰の壁や天井を走る巨大な梁が織り成す空間が広がり、栃木市に縁ある作家や現代陶芸作家の作品を観覧できる。他にも、展示室では蔵に関する歴史的資料の展示が行われ、各種講演会やミニコンサートなどのイベントも開かれている。ミュージアムショップでは展覧会の図録や、栃木との関わりが深い喜多川歌麿に関連する商品も扱っている。

とちぎ蔵の街美術館 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

定休日 月曜(祝日の場合翌日)、祝日の翌日、展示替え期間、12月29日~1月3日
営業時間 9:00~17:00 最終入館16:30
料金 収蔵品展観覧料 一般(高校生以上) 300円 中学生以下無料。障害者割引あり(要証明書) 企画展観覧料 一般(高校生以上) 500円 中学生以下無料。障害者割引あり(要証明書)

アクセス情報

住所 栃木県栃木市万町3-23MAP
交通アクセス 【電車】JR栃木駅から徒歩約15分 【車】東北自動車道栃木ICから約10分
駐車場 × 美術館の駐車場はなし ※有料入館者には近隣有料駐車場の無料券配布
バリアフリー設計
ショップ数 1
お問い合わせ1 0282-20-8228
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報