棚倉町文化センター(倉美館)

福島県東白川郡棚倉町

楕円形の大ホールもある棚倉町の文化活動拠点

棚倉町文化センター(倉美館)
古市徹雄設計による建物は音響も重視して建設された
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

棚倉町は江戸時代には棚倉藩の城下町があった福島県南部の町だ。文化センターは町の文化の裾野を広げ、根付かせるという目的をもって1995年に建設された。館内には国内でも珍しい楕円形の大ホール、リハーサルルームや和室、会議室、アトリエや創作室、調理室、陶芸室、プラネタリウムがある。なかでも印象的なのが、中央通路を吹き抜けて連なる、総ガラス天井のガレリアで、展示空間やギャラリーとしても利用されている。文化センターでは音楽、創作、講演会などの活動拠点としての役割を果たすとともに、自主事業公演として、DRUM TAOの舞台や歌舞伎、歌謡コンサート、映画なども開催する。

棚倉町文化センター(倉美館) スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 棚倉町文化センター(倉美館)
定休日 月曜、祝日、年末年始
営業時間 9:00~22:00
料金 施設により異なる
お弁当の持込 ◯ 施設内のガレリア、エントランスホールにて

アクセス情報

住所 福島県東白川郡棚倉町大字関口字一本松58MAP
交通アクセス 【電車】JR磐城棚倉駅から徒歩15分 【車】東北自動車道矢吹ICから約35分、東北自動車道白河ICから約40分
駐車場 〇 154台 (内大型車3台)、無料
お問い合わせ1 0247-33-0111
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報