仙台市天文台

宮城県仙台市青葉区

国内最大級の総合天文博物館で宇宙と出会う

仙台市天文台
入館者数100万人を突破した東北を代表する天文施設
※ 本ページ記載の内容は2020年1月以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

宇宙を身近に、をコンセプトに2008年7月仙台市郊外の錦ケ丘に移転、リニューアルオープンした。大型望遠鏡、プラネタリウム、展示室を備えた施設としては国内最大級の総合天文博物館で、2010年には入館者数が100万人を突破した。館内には、観測ゾーン、プラネタリウムゾーン、展示ゾーンなどがあり、エントランスのオープンスペースを中心に各ゾーンは繋がりつつ広がるレイアウトになっている。展示ゾーンでは、大きな太陽系模型やCG映像で天文の世界が楽しく探究できる。大型望遠鏡や観察用機材で天体を観察して、本物の宇宙と出会える観測ゾーンや屋外の惑星広場など、宇宙を目の前に実感できる展示やスペースがいっぱいだ。

仙台市天文台 スポット情報/アクセス

  • ※施設やイベントが休園・中止になっている場合があります。おでかけの際は事前にご確認ください。

スポット情報

スポット名 仙台市天文台
定休日 (2014年3月31日まで)月曜、第3火曜 (祝日の場合は翌日休、学校長期休業期間は開館) (2014年4月1日から)水曜、第3火曜 (祝日の場合は翌日休、学校長期休業期間は開館)
営業時間 日・祝・平日 9:00~17:00 (最終入館は30分前まで) 土曜 9:00~21:30 (展示室以外、最終入館は30分前まで)
料金 展示室 一般 600円 高校生 350円 中学生 250円 小学生 250円 プラネタリウム 一般 600円 高校生 350円 中学生 250円 小学生 250円 セット券(展示室・プラネタリウム1回) 一般 1000円 高校生 600円 中学生 400円 小学生 400円 天体観望会 一般 200円 高校生 200円 中学生 100円 小学生 100円 年間パスポート 一般 3000円 高校生 1800円 中学生 1200円 小学生 1200円 1年間プラネタリウム、展示室、天体観望会に何度でも参加できる
キッズ(託児)スペース ◯ 託児所は無し
ベビーカー貸出
おむつ交換室
授乳室
バリアフリー設計
ほじょ犬同行
お弁当の持込 ◯ プラネットカフェ、惑星広場にて
再入場
コインロッカー
全体備考 再入場:展示室のみ

アクセス情報

住所 宮城県仙台市青葉区錦ケ丘9-29-32MAP
交通アクセス 【電車】JR仙山線愛子駅から市営バス上の原・野尻町北・二口温泉行き、または愛子観光路線バス錦ケ丘八丁目行きで約10分、錦ケ丘七丁目北・天文台入口下車 徒歩3分 【車】東北自動車道仙台宮城ICから約10分
駐車場 〇 125台 無料
お問い合わせ1 022-391-1300
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報