定義如来 西方寺

宮城県仙台市青葉区

一生に一度の大願を叶えてくれる如来さま

定義如来 西方寺
ご本尊は平重盛(1138-1179年)公が中国径山寺に黄金を寄進した際に送られた阿弥陀如来宝軸
画像提供:定義如来 西方寺
※ 本ページ記載の内容は2020年1月1日以前に取材した情報が含まれております。
詳細を確認されたい場合には、直接施設へお問い合わせください。

ご本尊は平重盛(1138-1179年)公が中国径山寺に黄金を寄進した際に送られた阿弥陀如来宝軸。重盛公の家臣である平貞能公が源氏からの追討から逃れるため、この地に隠れ住み、その時に「定義」と改名したことから「定義如来」とも呼ばれている。この如来は「一生に一度の大願を叶えてくれる」として有名だ。境内の五重塔を眺めながらお茶を楽しめる茶室もある。

定義如来 西方寺 スポット情報/アクセス

スポット情報

定休日 なし
営業時間 7:00~16:30 ※12月31日7:00~16:30、22:00~1月1日18:00
料金 祈祷料 2000円から
昨年の人出 5万5000人
撮影可否
ご利益 縁結、子宝、安産、他一生一度の大願を叶えてくださる如来様
御朱印 ◯ 御廟貞能堂、大本堂、五重塔の3ヶ所

アクセス情報

住所 宮城県仙台市青葉区大倉字上下1MAP
交通アクセス 【バス】仙台市営バス仙台駅前西バスターミナル10番より定義行き乗車1時間30分。終点下車。
駐車場 〇 500台 無料
お問い合わせ1 022-393-2011
公式サイト 公式ホームページほか、関連サイトはこちら
※イベントの開催情報や施設の営業時間等は変更になる場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

おすすめ情報